Hirosの備忘録

趣味的なこといろいろ別に危なくない程度につらつらと

オークス予想

◎シャドウディーヴァ

オークスは血統的にサンデーサイレンス系×ダンジグ系やヌレイエフ系を保持内包した配合の馬が好走することが多い。

シャドウディーヴァは父ハーツクライで母父はダンジグ系のDansiliという配合で血統構成にはぴったり。

先週ヴィクトリアマイルはDansiliを父に持つハービンジャー産駒のノームコアが勝ち、今回の東京開催の重賞ではトニービン保持内包の好走が目立ち、高速馬場適性も高そう。

オークス一本に絞ったローテーションも好感。

オークスヌーヴォレコルトを手掛けた岩田康成騎手×斎藤誠厩舎のコンビも心強い。

お宝 エールヴォア

牝系は名門のロイヤルサッシュ系で活躍馬にサッカーボーイステイゴールドショウナンパンドラ等の活躍馬を輩出した底力に富んだ一族で直近ではNHKマイルC2着のケイデンスコールがいる。

この馬もトニービンを保持内包しており今のブラッドバイアスに合っている。

前走の桜花賞は出遅れて力を出し切れなかっただけで人気を落とすなら妙味あり。

相手はクロノジェネシス、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ

 

ヴィクトリアマイル予想

◎レッドオルガ

キャリア全5勝は左回りと屈指のサウスポー。

父はディープインパクトで母は東京巧者と4頭の重賞勝ちを輩出したエリモピクシー

血統的にはHalo、Drone、Sirlovrと素軽いスピードと瞬発力を付加する配合を施され硬めの高速馬場でのギヤチェンジ能力が問われる同レースにぴったりの血統構成。

前走は馬場、展開共に先行馬が恩恵を受け、不利な後方から追い込むも着差は僅か。

G1でペースが流れて差し展開になれば末脚一閃、ゴールまで止まるんじゃねーぞ。

お宝 アマルフィーコースト

ダイワメジャーで母父はサドラーズウェルズ系のHigh Chaparral

サドラーズウェルズ系を保持内包した父の産駒にはアドマイヤマーズ、メジャーエンブレムと東京マイルG1を2頭輩出した好配合。

2走前の京都牝馬Sは内が壊滅状態のトラックバイアスで僅差の3着、前走の阪神牝馬Sも2着と粘走、フロック視は禁物。

相手はプリモシーン、ラッキーライラック、ミエノサクシード。

 

 

NHKマイルC予想

NHKマイルC

前評判は桜花賞馬グランアレグリアが圧倒的な人気、東京マイルへの適性、速い持ち時計、前走の休み明けでの鮮やかな勝ちぷっり、圧勝の可能性も高い。この馬の持ち味は自在に動けるレースセンスの良さとスピードの持続力、実際勝ったレースは前半スローからのロンスパ押し切りがパターン、G1でペースが上がり前傾になった時や他馬に被せられた時に付け入る余地はそう。

◎ヴァルディゼール

新馬戦と重賞のシンザン記念を連勝した素質馬で共に加速ラップでまとめる優秀な内容。

前走は前をカットされる不利が全てで勝ち馬から0.2差度外視可能。

セックスアピールを根幹するロードカナロア産駒にはアーモンドアイがいる、前走だけで評価を落とすなら買い。

お宝 カテドラル

2歳時に皐月賞2着のヴェロックス、きさらぎ賞勝ちのダノンチェイサーを負かした素質馬、大きく負けた関東での2戦は距離と苦手な持久力戦と考えば見直しも。

前走は出遅れ馬群を捌きながら上がり最速で差し届かずの2着、展開次第で浮上も。

相手はダノンチェイサー、グルーヴィット、ファンタジスト、ヴィルッテスバッハ。

抑えマイネルフラップ。

馬券はワイドで。

 

 

天皇賞(春)予想

天皇賞(春)

◎チェスナットコート

京都の3200mは同レースでしか使用されない特殊条件でリピーターや同じ血統の馬の好走も多い。

しかも変則3日開催で土曜日はレースが行われず芝の状態は良好で内を回る馬に有利に働きそう。

同馬の父はこのレースに相性のいいハーツクライで母父は短距離やダートで活躍馬を輩出しているクロフネ、母系からは短距離で活躍したダッシャーゴーゴーもいる。

米国血統との配合は活躍馬多数で父の成功パターン。

近走は海外遠征に休み明けと結果は振るわいが去年は惜しくも馬券圏内は逃したが勝ち馬から0.3秒差、内枠を引けたのもプラスで人気を無視して狙いたい。

ここは本命兼お宝で。

相手はエタリオウ、フィエールマン、グローリーヴェイズ、パフォーマープロミス

 

 

 

 

青葉賞予想

◎ランフォザローゼス

父はキングカメハメハで祖母は名牝エアグルーヴで母父はディープインパクトと近代競馬の名血を凝縮したような血統で近親に2冠馬ドゥラメンテ、香港G1勝ちのルーラーシップがいる超良血馬。

皐月賞路線をパスして成長を促してパワーアップした馬体、ダービーに照準を合わせたローテーション、中間も乗り込み豊富で仕上げも抜かりない。

勝って打倒サートゥルナーリアへ。

お宝 キタサンバルカン

過去に青葉賞ではサドラーズウェルズを保持内包した馬が好走する傾向にあり、この馬も母系にサドラー系のシングスピールを持っている。

前走は東京の2400mで2着と適性は証明済み。

差し届かずのレース続きだが比較的レベルの高いレースで好走しており人気上位馬ともオッズほど差はない。

 

 

マイラーズC、フローラS予想

マイラーズC

◎ダノンプレミアム

単勝1.0台の断然人気だがこの馬から、崩れたのは日本ダービーの6着のみで後はほぼ完勝、で負かした相手はワグネリアンステルヴィオアルアイン、ダノンスマッシュ等の実力馬が多数。

父はディープインパクトで母インディアナギャルはダンジグの4×3のクロスを持ち父はインティガブはロベルト系のマイラーデインヒルとロベルトから受け継いだ強靭な後駆とディープインパクトの柔らかさ、スタートも上手くレースセンスも抜群でここも通過点。

お宝 ケイアイノーティック

昨年の春にNHKマイルCを勝ちG1馬の仲間入りした実力馬。

秋移行は案外で馬柱を汚して今一つピリッとしない現状。

しかし敗因はどれも明確で度外視可能。

母のケイアイガーベラはダートの短距離を中心に9勝した名牝だが血統を探るとサーゲイロードセクレタリアトの相似クロスを持ち父はディープインパクトで柔らかく前足が良く伸びるのが特徴で京都のマイルでもう一度狙ってみたい。

フローラS

◎パッシングスルー

前走のシンザン記念は1番人気に推されたが関西遠征に時計の掛かる馬場やペース等が重なり人気を裏切る結果に、悪条件の中、牡馬相手の僅差の4着と大きく負けていない。

血統的にも父ルーラーシップ×母父クロフネは昨年のオークス2着のリリーノーブルと似た配合で馬場の良く左回りで距離延長の東京変わりと彼女にとってプラスに働きそうな材料も多い。

勝ち上がった新馬戦はレベルが高くニュージーランドトロフィー勝ちのワイドファラオに勝っている実力馬、トレンドの天栄調整、人気の盲点になるなら1票投じたい。

お宝 ペレ

兄弟に菊花賞2着のエタリオウのいる良血馬。

新馬戦は皐月賞3着のダノンキングリーを押されて1番人気、前走も今回人気しそうな馬達と差のない競馬、ハーツクライと米国色の強い牝馬との配合は活躍馬を輩出するパターンの一つ。

伸び代は多そう。

 

 

 

皐月賞予想

皐月賞

◎ファンタジスト

巷ではサートゥルナーリアの1強ムードで、隙のない横綱相撲で3戦3勝。

しかし人気を支える根拠は主観的なものが多い、メディアもファンも新たなスター誕生を期待して圧倒的な人気に。

中山2000mへの適正は証明されているがスローからの瞬発力比べしか経験がなく持続力勝負への適正は未知数、速い時計、レースレベル等付け入る余地は有りそう。

本命にファンタジストを押したい。

距離適性が強く出るロードカナロア産駒で柔らかさ強調する母父ディープインパクトだが牝系はデインヒル×ロベルトで適度な強度も加わり高速馬場適性も高い。

レースの器用さは折り紙付きで内枠を引けたのもプラス材料。

お宝 サトノルークス

過去ディープインパクト産駒はアルアインディーマジェスティと2勝しているが切れ味信条の王道ディープよりも切れないディープ産駒が好走傾向。

サトノルークスはサドラーズウェルズネヴァーベンドのラインでスピードの持続力に優れタフなレースに滅法強い感じの配合。

持続力勝負になれば嵌まりそう。

相手はアドマイヤマーズ、シュヴァルツリーゼ、サートゥルナーリア、ラストドラフト、ニシノデイジー